トリートメントは使い方が命!

髪の毛は、顔の近くにあることも含め、その人の印象を決める大きな要因となります。
どんなにきれいな顔をして、きれいな服を着ていても、まとまってなく、ボサボサな髪の毛をしていればそれだけでなんだか全体にしまりがなく、清潔感がないような印象を受けてしまいます。

日頃のお手入れの中でもシャンプー・コンディショナーに加え、ぜひトリートメントを使ってきれいな髪の毛を手に入れたいものです。
いまでは様々なところで色々な種類のトリートメントが売られており、気軽に使うことが出来ますのが使い方を間違えると効果が発揮できず、ただただ時間とお金と水の無駄遣いとなってしまいます。
まず注意したいところが、つける順番です。
シャンプーですっきりと汚れを落とした後にトリートメントを使うことでコンディショナーでコーティングされる前の髪の内部に浸透させることができます。
商品によっては「少し置いてから流す」と記載がありますがダラダラ流れてきてしまったり、寒かったり、結局すぐ流してしまうことが多いと思います。
そんな時はシャンプーキャップなどをつけて、湯船に戻ることをお勧めします。
そうすれば中が蒸気で蒸され成分が浸透しやすく、また体を冷やすことなく、効果的に髪の毛をケアすることができます。
きちんと浸透させた後は、十分にすすぐことをお勧めします。
髪だけでなく地肌を動かすようにすすぎ、皮膚にも髪にもすすぎ残しがないようにすることでその後も髪を傷めることなく効果を発揮できます。

Comments are closed.