その時の気分で使い分ける数種のトリートメント剤

同じトリートメントでも「洗い流すタイプ」と「洗い流さないタイプ」とあるので、それぞれの使用方法や注意書きをよく守って使うことにしています。
まず前者の洗い流すタイプですが、シャンプー後の濡れた髪を乾いたタオルで丁寧に拭くことは怠りません。
これをしっかりやらないと、トリートメントの成分が流れてしまってもったいないからです。
また、私はタオルで髪をこすったりしないようにいつも注意しています。
湿った髪の毛にそんなことをしたら、キューティクルが剥がれてしまう等のダメージを受けやすいですから。
充分にタオルで水気を取ったら手の平に1回分を出し、毛先を重点的に揉み込むように付けその後はまだ少し手に残っていますので、それを頭髪全体に伸ばすようにしてますよ。
ただし、あまり毛根付近には塗らないことが健やかな頭皮を作るポイントですね。
あとは湯船に浸かりながら、成分が髪に浸透するのを待ちます。
この時、蒸しタオルで頭髪全体を包み込むようにすればより効果的でしょう。
数分経ったらシャワー等で毛根付近をしっかりすすぎます。
毛先はヌルヌルしなくなればそれでオッケーです。
それと同時に、耳のうしろや首元に付着した保湿剤を洗い流すことも忘れないように気をつけてます。
これらの手順を踏むのが面倒な時は、私は「洗い流さないタイプ」をよく使っていますよ。
とくにスプレータイプだとワンタッチで完了なので、これほど助かるアイテムは他にはありません。
おかげで私の髪はいつもツヤツヤ・サラサラです。

Comments are closed.