トリートメントの効果がある使用方法。

そもそもトリートメントをする意味というのは、髪の毛に必要な有効成分を浸透させるためにシャンプーをしたあとに使うという使用方法が正しいやり方になりますので、浸けすぎも良くないので、私は気を使って使用しております。

髪の毛に浸ける際に最も気をつけていることというのは、頭皮につかないようにしています。
もちろん多少は致し方ないのですが、頭皮は敏感な部分になりますので、髪の毛に浸ける時に、根元から髪の毛全体に均等に行き渡るように丁寧に浸けています。
しかし、私は毛先がデジタルパーマで少し傷みがあるため、毛先だけは他の部分よりも置いてトリートメントをしっかり浸透させるような使用方法をしています。
人それぞれによって、髪質や痛み方が違いますので、市販の商品でも、浸けすぎないように、なおかつ効果がある使用方法を正しくするべきだと思います。
トリートメントは、洗い流して使うタイプと、洗い流さないタイプがありますので、使い分けをするというのもありです。

Comments are closed.